地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宝塚の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

宝塚の地域情報サイト「まいぷれ」

宝塚で映画を観ましょう!~シネピピア上映スケジュール~

『いのちの停車場』 『サンドラの小さな家』HERSELF 他上映中!2021/06/09

シネ・ピピア最新上映スケジュールはここで確認してください!

宝塚シネピピアです。
6月に当映画館にて公開予定の映画をピックアップして紹介させていただきます。

『いのちの停車場』

5/21(金)→7/1(木)ロードショー!
2021年/東映/1:59<br>(C) 2021「いのちの停車場」製作委員会
2021年/東映/1:59
(C) 2021「いのちの停車場」製作委員会
吉永小百合主演最新作。
現役医師による傑作医療小説、豪華キャストで映画化!
まほろば診療所――そこは、命を少しだけ輝かせる場所。


コロナ禍に世界が翻弄されている現在、「生と死」を見つめた感動作が誕生! 作家としても活躍する現役医師・南杏子の同名小説を『八日目の蝉』の成島出監督が映画化し、吉永小百合が自身初となる医師役に挑んだ社会派ヒューマンドラマ。金沢の小さな診療所を舞台に、“いのち”に優しく寄り添う医師と、避けることのできない死を迎える患者とその家族が、それぞれの立場から病と向き合う姿を、美しい金沢の四季を背景に優しく描き出す。
主人公の医師・咲和子を演じるのは、国民的女優・吉永小百合。 映画出演122本目にして、初の医師役に挑戦。 「まほろば診療所」のスタッフには、吉永小百合との初共演を果たす松坂桃李と広瀬すず、そして、西田敏行が熱演。スタッフが常連のBARのマスターにみなみらんぼう、弾き語りも懐かしい! また、昨年11月に亡くなった東映会長の岡田裕介さん最後の製作作品。東京・大阪のシネコンが休館する緊急事態の中、延期せずに公開を英断。 医療現場や安楽死の問題など、“いのち”に正面から向き合い、生きる力を照らし出す、まさに今見るべき心を揺さぶる感動のエンタテインメント大作、誕生!!
〈ストーリー〉
東京の救命救急センターで働いていた咲和子は、ある事件をきっかけに、故郷の金沢で「まほろば診療所」の在宅医師として再出発をする。様々な事情から在宅医療を選んだ患者と出会い、戸惑いながらも、まほろばのメンバーと共にいのちの一瞬の輝きに寄り添っていく。その時、最愛の父が倒れてしまい…。


監督:成島出 原作:南杏子 製作総指揮:岡田裕介
脚本:平松恵美子 音楽:安川午朗
エンディングテーマ:(作詞)小椋佳、(作曲)村治佳織
出演:吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、伊勢谷友介、柳葉敏郎、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、石田ゆり子、田中泯、西田敏行


『サンドラの小さな家』HERSELF

6/25(金)→7/8(木)
2020年/アイルランド・イギリス/97分<br>(C) Element Pictures, Herself Film Productions, Fis Eireann / ScreenIreland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
2020年/アイルランド・イギリス/97分
(C) Element Pictures, Herself Film Productions, Fis Eireann / ScreenIreland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020
家も人生も、自分たちの手で立て直す。
母親と隣人たちの、奮闘と希望の感動作


ダブリンを舞台に、DV夫から逃れた母子が自分で小さな家を建てることを思いつくが…。どこにでもいる一人の女性が、周囲の人々と助け合いながら、自らの手で小さな家を建てる──。この物語は、アイルランドを舞台にシングルマザーの貧困、家庭内暴力、住宅問題……といった現代社会にはびこる問題に鋭く斬り込み、かつ希望の物語として瑞々しく描き出す。暗い世相を背景にしつつも、それでも強く生きる主人公たちを見つめるあたたかな視点は、イギリスの珠玉ケン・ローチ監督の作品を彷彿とさせる。
本作は、企画・脚本・主演とすべてにおいて重要な役割を果たしたアイルランドの新星クレア・ダン抜きには語れない。親友から受けた「ホームレス状態になってしまった」という一本の電話に、大きな衝撃とともに怒りを感じたダンは初めて映画脚本を執筆。その脚本が、フィリダ・ロイド監督( 『マンマ・ミーア!』、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)、エレメント・ピクチャーズ( 『女王陛下のお気に入り』『ルーム』製作)らに強く共鳴した。
2020年サンダンス映画祭に正式出品された本作は、批評家・観客から高い評価を得、ロッテントマトの満足度評価では93%を獲得(2021年2月2日時点)。「力を与えてくれる、タイムリーな物語」(Variety)「驚くべき才能の出現」(Indie Wire)「最高傑作」(Little White Lies)と絶賛の声が上がっている。世界、そして日本でも話題になった住む場所を失った母娘たちを描く、奮闘と希望の感動作!!


監督:フィリダ・ロイド 脚本:クレア・ダン、マルコム・キャンベル
出演:クレア・ダン、ハリエット・ウォルター、コンリース・ヒル、エリカ・ロー、キャシー・ベルトン


<お客様へのお願い>

●シネマフロアー入場時には、手指のアルコール消毒をお願いします。
●上映時もマスク着用をお願いします。
●場内での飲み物以外のお食事は、禁止とさせていただいております。

<皆さまへのご支援のお願い>

1.シネ・ピピア〈エール〉ギフト
¥10,000
シネ・ピピア鑑賞券5枚+中辻悦子さんデザイン特製エコバッグ

2.「関西劇場応援Tシャツ」《SAVE OUR LOCAL CINEMAS》
¥3,000(サイズ:S・M・L・XL)

※シネマ受付でお願いしています。皆様のご協力をお願いします。


★★宝塚シネ・ピピア★★ 名画座宣言!いつでも名画・話題作を上映しています。
〒665-0852 兵庫県宝塚市売布2-5-1 ピピアめふ5階
TEL 0797-87-2261
公式ホームページは→コチラ

この記事に関するキーワード