地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、宝塚の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

宝塚の地域情報サイト「まいぷれ」

たからじぇんぬの作り方

宝塚を卒業(大劇場退団)

タカラジェンヌの最終歩

長らくお待たせいたしました。
最終回、たからじぇんぬの最終歩―退団編です。

卒業

カラーの持ち花
カラーの持ち花
宝塚歌劇団。
例外で組という枠を超えたプロフェッショナルとして『専科』という形で残られる方もいらっしゃいますが、
入団したらほぼ必ず、退団する日がやってきます。
宝塚歌劇団は団員のことを『生徒』と称している為、『卒業』ともいいます。

退団する時期は自分で決めます。
大体の皆さんは、ある日突然・・・

「あっ、辞めよう!」*・゜(゚∀゚)゚・*と、神が降りてきます(笑)

退団の形は様々です。
・公演のお稽古最初の集合日に組の皆さんに挨拶して退団する『集合日退団』
・バウ公演、全国ツアー公演等少人数の公演で退団する『小劇場退団』
・宝塚大劇場、東京宝塚劇場できちんとさよなら公演をして退団する『大劇場退団』
この3つが代表的な退団方法です。

私は 当時主演でいらした貴城けいさん、紫城るいさんとたまたま同時期に退団することになり、
一番どでかい『トップスターと一緒に大劇場退団』で卒業させていただきました(´∀`;A)

というわけで自身の経験から『大劇場退団』をご紹介したいと思います。

卒業までの道のり

まず集合日に退団発表をします。
自分が卒業することは、退団にあたってお世話になる同期や近しい人には前もって言っておきますが、できるだけ発表当日まで内緒にします。
これは別にもったいぶってるわけではなく(笑)、一斉に伝わるように劇団から正式に発表していただく為です。
噂で聞いたり、又聞きで聞いたりすると・・・悲しいじゃないですか。
ファンの方達にも退団のご挨拶状を書くのですが、日付指定で当日確実に届くよう出します。

そんなこんなで発表していただいて、晴れて退団者となるわけです。

稽古中そして公演序盤はうっかりすると退団することを忘れてしまうほど普段と変わりません。
ただ、同期などが何かにつけ記念写真やビデオを撮ってくれるので、そういうときに「あ、そういやぁ退団するんだった」Σ(゚Д゚)と思い出します(笑)

公演中盤過ぎると、トップスターさんの退団の場合は『サヨナラショー』のお稽古が始まります。
そこで一緒に退団させていただく退団同期はちょびっとだけ場面を貰ったりします。
この『サヨナラショー』は千秋楽とその前日の終演後の2回行われます。

公演やサヨナラショーなどで忙しくしてる最中・・・
千秋楽10日前になると、同期をはじめ仲間達が退団者の化粧前や靴箱など白く飾ってくれます。
仲間が忙しいなかこっそり隠れて作ってくれます。

相手が喜ぶように一生懸命・・・

なので・・・

大体その人の過ごしてきた宝塚生活が凝縮されています。

っと言うわけで私の化粧前はギャグ満載でございましたけれどもΣd(ゝ∀・)(笑)

卒業当日

ファンの皆様と
ファンの皆様と
いよいよ退団です。
千秋楽当日は早朝から皆が迎えてくれて、お祭り状態になります。
退団した同期や在団同期など都合のつく仲間が来てくれて公演に集中できるよう諸々のことを手伝ってくれたり、ショー等で胸に生花を付けてもらったりしていよいよ退団ムードが盛り上がります。

そして大劇場退団では避けて通れない大イベント『退団者挨拶』を迎えます。
紋付袴に着替えた退団者が一人づつ・・・
全員が見守る中で階段を降り、同期と組の方から花を貰い、お客様2000人を始めとする全ての方にご挨拶をさせて頂くのです。

物凄く緊張します(;o゜Д゜)o

そして何度かのカーテンコールを頂き無事に幕を下ろしたら・・・
退団者は楽屋を出る時間が10分刻みで決まっているので、走って着替え化粧を落としパレードに向けて準備します。

準備ができたら各セクションにご挨拶をして皆に見送られつつ楽屋を出て、外で待っててくださったファンの皆さんの中を歩いて、ファンの方のご好意で白い花で飾って貰った車で去っていきます。
その後、記念撮影、フェアウェルパーティー等こなし、全て終わるのは大体深夜を過ぎます。

宝塚大劇場公演を無事に終え、ほっとしたのもつかの間―

もう一回東京公演にむけて最初から始まりますΣ(゜∀゜;)卒業するのは半年がかり。結構大変です(笑)
現在は1ヶ月公演となったので半年もかかりませんが、それはそれで慌しく時が過ぎるので大変なようです。

百年へむけて

ありがとうございました!
ありがとうございました!
私が卒業させていただいたのは2年前、宙組主演男役3代目貴城けいさんご退団のときでした。

2年経った今―そのとき一生懸命見送ってくれた同期、宙組主演男役4代目大和悠河がこの7月5日をもって退団致します。

時の経つのは早いものです(*´∀`*)

退団しても宝塚は続いていきます。
現在星組では先日退団された安蘭けいさんにかわり、柚希礼音さんが主演男役に就任し、新生星組を引っ張っていっております。

いつでもきらきら一生懸命・・・宝塚はそんなところです。

少しでも興味を持っていただき、足をお運びいただければ・・・こんなに嬉しいことはありません。

宝塚歌劇団、あと5年で100周年でございます。これからもご愛顧の程、どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

以上、たからじぇんぬの作り方でした!有難うございました(人´∀`)
右京右京
元宝塚歌劇団宙組 貴羽右京

1995年『国境のない地図』で初舞台、同年花組に配属
1998年 宙組発足と同時に宙組へ組替え
2007年『維新回天竜馬伝』『ザ・クラッシック』で退団

その後・・・激動の1年を過ごし(笑)流れ流れてライターやってます。

ブログもぼちぼち・・・「右印良品」